葉酸の赤血球増加効果で妊娠中の貧血を予防|欠かせない栄養分

妊婦

体内受精以外の受精

先生

体外受精で赤ちゃんを作ることについてのメリットとデメリットとはどんなものがあるのか。現在行われている方法などから探る安全性や相場についてなどを考えていきたいと思います。

View Detail

お母さんになる体づくり

赤ちゃん

妊娠し、お腹の中にできる新しい命の誕生。大きくなっていくお腹に中にいる赤ちゃんが成長しているという実感が湧いてくるものですよね。お腹が大きくなるのと引き換えにお母さんからは沢山の栄養が失われています。赤ちゃんが生まれるための準備をする際、多くのエネルギーや栄養素で体をつくっていかなければなりません。そのため、赤ちゃんはお母さんからへその緒を通して栄養を吸収していて、その多く栄養や酸素は血液からの吸収です。

血中の赤血球が酸素を運ぶ役割を行なっていますので、赤血球が減ることで脳が酸素不足になり、鉄欠乏症などになってしまいます。妊娠をしている状態において貧血は母子ともに危険な状態になってしまう恐れもあります。また、貧血の怖さは、めまいやフラつきなどでの転倒や昏倒の恐れだけではありません。特に妊娠初期には細胞分裂が活発化することにより葉酸不足がおこると中の赤ちゃん自体に無脳症など、体が満足に作られない恐れがあります。そのため妊娠がわかったらできるだけ葉酸を取ることで赤血球を増やし貧血を予防する必要があります。葉酸やビタミンB16や、ビタミンB12などの栄養を摂ることで、正常な細胞の構築を行い元気な赤ちゃんを産むことができることでしょう。意識的にこういった葉酸などの栄養素のある食品を摂るなど、母子ともにしっかりとした体調管理を行う必要性が高いです。丈夫で健康な体を作り、出産のときの負担も減らします。お腹にいる時からしっかりと食べ、母子ともに元気に過ごせるようにすることが、お母さんとしての一番の愛情となります。

産婦人科の取り組み

先生

大阪の産婦人科での取り組みや、どういったサポートを助産師さんが行なっているのかを知ることで、流れの知識をつけ、妊娠から出産までの不安を軽減しましょう。あらかじめ知っておくと安心です。

View Detail

丈夫な身体をつくる

夫婦

妊婦には多くの栄養が必要になります。これは、お腹の赤ちゃんの健やかな成長において、お母さんの食べた物は大きな影響を受けるからであり、母子ともに健康を維持するためにも必須です。

View Detail